TOP > 健保組合からのお知らせ:バックナンバー >新型コロナウイルス感染症治療薬の個人負担の発生について(情報提供)

新型コロナウイルス感染症治療薬の個人負担の発生について(情報提供)

 

2023年09月29日

新型コロナウイルス感染症治療薬の個人負担の発生について(情報提供)


 新型コロナウイルス感染症治療薬の薬剤費は、9月末で全額公費負担(窓口負担なし)の運用が終了し、10月1日以降、窓口負担が発生することとなり、厚生労働省より周知依頼がありましたので、その概要を下記によりおしらせします。


記.


1.対象となる新型コロナウイルス感染症治療薬

  ・ラブゲリオ(経口薬)
  ・パキロビット(経口薬)
  ・ゾコーバ(経口薬)
  ・ベクルリー(点滴薬)


2.自己負担額(各治療薬共通)

  3割負担の方:9,000円
  2割負担の方:6,000円
  1割負担の方:3,000円
  ※自己負担額を超える部分は、公費で負担します。


3.その他

  ・治療薬は、医師が必要と判断した方に使用されます。
  ・薬剤費以外の医療費(診察料、処方料、調剤料等)は、5類感染症に移行した令和5年5月
   8日以降と同様の取扱い(窓口負担あり)となります。


案内リーフレットは、こちら(PDF)



ページトップへ